FC2ブログ
資本・業務提携・新旧・国内外とわず私的観点から身近に感じた経済、教育、IT、等様々なニュースを関連情報も取り上げていきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資本・業務提携


イオン、ダイエーと提携最終合意


イオンと丸紅傘下のダイエーが資本・業務提携することになった。
イオンと丸紅両社でダイエーの再建を加速させる。
巨大連合になることで、消費者にとっては便利に安くなっていくのでしょうか。


 流通大手のイオンと、丸紅傘下で経営再建中のダイエーは資本・業務提携で最終合意するとともに、イオンと丸紅が相互に株式を持ち合う方針を固めたことが8日、分かった。ダイエーは有利子負債を圧縮するため子会社の資産売却などを進めるが、イオンと丸紅両社は協力関係を強化することでダイエー再建を加速させる。

 ■丸紅と株持ち合い方針

 イオンとダイエーは9日、取締役会で資本・業務提携を正式決定し、同日発表する。

 イオン・ダイエー連合は両社の連結売上高合算で6兆円を超え、傘下にセブン-イレブン・ジャパンやイトーヨーカ堂などをもつセブン&アイ・ホールディングス(HD)をも上回る巨大流通連合となる。さらに、イオンが大手商社の丸紅と資本面でも関係を強めることで、三井物産と連携するセブン&アイHDとの2強の構図がより鮮明となる。

 イオンはダイエー株式の約15%(議決権ベース)を丸紅から取得、ダイエーに取締役2人を派遣する。また、ダイエーから首都圏に地盤をもつ食品スーパー、マルエツの株式の約20%(同)を取得。マルエツの第2位株主に浮上する。業務面では両社が商品の仕入れを一本化。プライベートブランド(PB)商品を相互活用することも引き続き検討する。一方、丸紅は今後も約30%の株式を保有し、ダイエー再建の主導的立場を維持する。

                   ◇

セブンイレブン、イトーヨーカ堂等を持つセブン&アイ・ホールディングスをも上回る
巨大流通連合になり、2強の構図が鮮明となる。
巨大連合が2強ということは競争による消費者にとってはありがたい構図と
なってくれるといいのですが。
今後の展開に期待したいです。

 
■小売り巨大化 メーカーに脅威

 連結売上高6兆円超-。イオン・ダイエー連合の出現は、セブン&アイ・ホールディングス(HD)とともに、小売り側がメーカーとの価格決定の駆け引きで優勢に立つことを意味する。巨大な購買力を武器に仕入れ価格の引き下げを実現すれば、店頭での値下げを通じて消費者からの支持を得やすく、メーカーにとっては大きな脅威だ。すでに家電量販店などでも同様の流れが加速しており、価格交渉は「川下の時代」を迎えつつある。

 「国内最大の小売りグループができたことは、脅威でないといえばうそになる」-。イオンとダイエーの提携合意を受けて、大手食品メーカーの営業担当者は警戒感をあらわにした。

 イオンとダイエーは商品の仕入れを一本化する方向で、仕入れ規模が拡大すればメーカーとの交渉力が強まり、仕入れ原価の低減が期待できる。「1990年代から大手のシェアが高まり、購買規模が大型化した」(業界関係者)なかで、小売りとメーカーとの力関係は一変。小売業界は規模拡大による経営効率の改善を進めており、メーカー側に対する値下げ圧力が強まるのは必至だ。

 事業規模の拡大路線はスーパー業界にとどまらない。購買力の強化戦略で先鞭(せんべん)をつけた家電量販店では先月、業界2位のエディオンと5位のビックカメラが統合、業界地図が塗り替わった。

 「川下」からの値下げ圧力は「川上」の再編をも促す。昨年、水産大手のマルハグループ本社との統合を発表したニチロの田中龍彦社長は、「流通企業が発言力を増したことが統合の要因」と、流通業界の構造変化がもたらす影響の大きさを指摘する。

 今後はイオン、ダイエー両社が提携による相乗効果をどこまで発揮できるかが焦点となる。イオンはこれまで、提携先との「緩やかな連合」を模索し、提携企業の自立性を守ってきたが、今後は物流やIT(情報技術)システムの共同利用も行う予定。スーパー、コンビニエンスストア、百貨店などを巻き込んだ規模拡大の流れは、「川上」にいる他業界の生き残り戦略をも左右する可能性がある。(塩原永久)

やはり事業規模の拡大は仕入れ規模が拡大することによりより低価格での仕入れが出来
これは販売価格の低下にも繋がる。
そうなると競争相手も対抗して値引き合戦になっていくと消費者にとっては嬉しいですね。
こういった事業規模の拡大はスーパー業界にとどまらず
家電量販店等でも提携等による拡大化が進んでいる。
今後もこのような動きが拡大していくのではないでしょうか。
消費者にとってはうれしい流れといっていいのかな。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070309-00000007-san-bus_all

(引用Yahoo!ニュース
スポンサーサイト
Copyright © ちょっと情報通 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。