FC2ブログ
消費者金融・新旧・国内外とわず私的観点から身近に感じた経済、教育、IT、等様々なニュースを関連情報も取り上げていきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費者金融


消費者金融、「融資お断り」急増=

1月は7万6千人-

金利下げにらみ審査厳格化

当然のことでしょう。グレーゾーンが廃止され、経営悪化を考えリストラ策、店舗縮小して
対応しているのだから当然帰ってくる見込みの無いところへも今迄みたいにどんどん
貸して来た結果様々な過払い問題等が出てきたのであるから
厳しくなるのはあたりまえのことでしょう。

 大手消費者金融4社に新規の融資を申し込んでも、審査の結果断られるケースが急増している。貸金業の上限金利が2009年にも現行の年29.2%から20%に引き下げられるため、経営環境の悪化をにらみ、各社とも審査を厳しくして焦げ付きリスクが低い融資にシフトしているためだ。大手消費者金融の融資拡大路線の見直しが鮮明になってきた。

考えたら、本来変える見込みの無い先に貸していたということがおかしいことで
今の現状が普通なのだと思います。
店舗も減ることだし、安易に借りれるということはなくなっていくでしょう。
でもこういうところで借りるというのは借りるほうもそれ相応の理由があって借りなくては
ならない状態の方が多いのでしょうから、そういう方々には厳しいことになって行きそうですね。
 
アイフル、アコム、武富士、プロミスの大手4社の1月の新規融資申込者は計13万6000人。このうち審査を通過して実際に融資を受けた人の比率を示す「成約率」を見ると、4社の平均は前年同期比19.4ポイント低い44.1%に落ち込んだ。76000人が門前払いされた計算だ。特にアイフルの成約率は36.0%と同34.1ポイントも低下。貸出先を厳選した跡がうかがえる。

大手4社は新規の申込者に対し、実際に制約した数はかなり落ち込んでいる。
76000人が門前払いされた計算になるそうです。
特にアイフルはかなりの低下のようで、どこもかなり貸出先を厳選しているようです。
おそらく今後もこのようになっていくでしょう。
簡単、安易に借りられるというイメージは無くなっていくでしょうね。
でもそれが本来の姿だと思います。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070312-00000067-jij-bus_all

(引用Yahoo!ニュース
スポンサーサイト
Copyright © ちょっと情報通 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。