FC2ブログ
クレジット・新旧・国内外とわず私的観点から身近に感じた経済、教育、IT、等様々なニュースを関連情報も取り上げていきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジット


セブンの買い物、小銭いらず 

クレジット対応へ 電子マネーと併用

コンビニでのカード利用ってしたことがないので知りませんでしたが、セブンイレブン以外
クレジットカード決済導入されていたのですね。
本当にこれからコンビニには携帯と、カードがあれば買い物が出来てしまう。


 コンビニ最大手のセブン-イレブン・ジャパンは13日、クレジットカードによる支払いを導入する方針を明らかにした。他の大手コンビニはすでにクレジットカード決済を導入しており、最大手のセブンだけが未導入だった。

 セブンでは、4月中にも独自の電子マネーサービス「ナナコ」を開始するのに合わせ、新型のPOS(販売時点情報管理)レジを全店に配置。新型レジはカード決済機能も備えていることから、電子マネーと合わせて、カードによる支払いも導入することにした。今後、具体的な導入時期を詰める。

今後益々コンビニでの電子マネーやクレジットカードとの一体型が増えていき、
気軽さが増していくのでしょうね。
個人的におサイフ携帯を持つことに不安を持っているのと、コンビにではなかなか
カードを使うという気にはなれないでおりますが、
若い方々には重宝されていくのではないでしょうか。

 セブンの電子マネー「ナナコ」は、非接触IC内蔵のカードにあらかじめ入金しておき、レジの読み取り端末にカードをかざすだけで支払いができる「プリペイド(前払い)方式」。さらに、今夏にはクレジットカード最大手のJCBが展開しているポストペイ(後払い)方式の電子マネーサービス「クイックペイ」との一体型のカードも発行する計画だ。

 クイックペイは、非接触IC内蔵のカードや携帯電話を端末にかざすと、クレジットカードによる決済ができるサービスで、あらかじめ入金する必要がない。

 セブンでは3年間で500億円をかけて情報システムを刷新。3月中にも設置を完了する新型レジは、ICを内蔵していない通常のクレジットカードでの決済にも対応できる機種を採用した。グループのセブン&アイ・ホールディングスでは、スーパーのイトーヨーカ堂などがクレジットカード会員を増やしており、シナジー効果が期待できることから、セブンもカード決済を導入することにした。

 ただ、セブンの山口俊郎社長は、「コンビニの平均客単価は600円程度と小額で、クレジットより電子マネーが向いている」としており、当面はナナコの普及を優先し、カード決済の導入については、時期を慎重に見極めていく考えだ。

 大手コンビニでは、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスがすでにクレジットカード決済を導入。「お釣りの小銭を受け取る手間もかからないため、小額でもクレジット決済する利用客は多い」(ローソン広報室)としている。

やはりコンビにでは小額な買い物が多いので、カード決済よりは電子マネーのほうが
向いていると思いますが、最近はポイント等がたまるものも多くあり、小額でもカードを
利用する人が増えていることも確かだと思いますので、拡大していくのではないでしょうか。
個人的にはまだまだ利用までいっておりませんが。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070314-00000000-fsi-bus_all

(引用Yahoo!ニュース

スポンサーサイト
Copyright © ちょっと情報通 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。