FC2ブログ
インフルエンザ・新旧・国内外とわず私的観点から身近に感じた経済、教育、IT、等様々なニュースを関連情報も取り上げていきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザ


タミフルと転落の因果関係、

厚労省「否定的」を撤回


タミフル服用後の異常行動の因果関係で政府は否定的を事実上撤回した。
でもこれで因果関係がはっきりしたわけではなく、様々な調査が必要。
 インフルエンザ治療薬「タミフル」を巡る問題で、厚生労働省の辻哲夫次官は22日の定例記者会見で、タミフル服用と異常行動の因果関係について「これまで『否定的』という見解をとってきたが、虚心に検討する。今後、判断も変わりうる」と述べ、従来の見解を事実上撤回した。

 また、服用後に異常行動をとりながら死亡に至らなかった負傷事例を分析していなかったことも明らかにした。

おどろいたことに因果関係を調査するのに不祥事例を分析していなかったというのには
びっくりです。
因果関係を調べるのは本当に難しいと聞きます。
より詳細の事例を調査しないで因果関係云々はいえないのではないでしょうか。

 同省によると、転落・飛び降りなどの異常行動による負傷事例は、未成年11件、成年4件。これ以外の死亡事例8件は専門家が分析を加えるなどしていたが、負傷事例は副作用が疑われる情報の一覧表に担当者が目を通す程度だったという。医療機関から今月19日の飛び降りが20日に報告された際、過去の事例を洗い直すまで、同省安全対策課では負傷事例が15件に上ることも把握していなかった。

別の記事も載せるつもりですが、インフルエンザになり、タミフルを服用していなかったにも
かかわらず、転落した負傷事例が出た。
インフルエンザになると殆どがタミフルを服用していたために異常行動との因果関係が
とりだたされていますが、もしかしたらインフルエンザ自体に原因があるかもしれない。
それを調査するためにもより詳細な事例が必要なわけだから、負傷事例を把握していないと
いうのはおかしい。
しっかりと調査していっていただきたい。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070322-00000012-yom-soci

(引用Yahoo!ニュース
スポンサーサイト
Copyright © ちょっと情報通 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。