FC2ブログ
高校・新旧・国内外とわず私的観点から身近に感じた経済、教育、IT、等様々なニュースを関連情報も取り上げていきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校


<都道府県立高校>

授業料減免者1割に 

家庭の困窮鮮明 


景気は好調、裕福なイメージの日本、そんな中全国の都道府県立高校で、授業料の免除、
減額対象の生徒が、10人に1人近くいるということが調査で分かった。

 全国の都道府県立高校で、授業料の免除や減額を受ける生徒が05年度で23万人を超え、10人に1人近くに上ったことが、文科省などの調べで分かった。

そして財政難からこの制度を見直す自治体も出ているという。
これは、教育を受けたくても受けられない子供が増えるということを意味する。
国はまず教育を平等に受けられるような体制を作っていかなければならないのでは
ないでしょうか。



減免者の割合は、最も高い大阪府と最も低い静岡県では12倍もの差があり、財政難から制度を見直す自治体も出ている。家庭の困窮と地域格差の実態が浮き彫りになった。

子供の教育は将来の国にも重大なことで、より多くの子供が十分な教育を受けていけるような
環境作り、そのためには地域によってや、家庭の事情によって生まれる格差をなくして
行くことが大切ですよね。
よく分からないもの、特に議員のために使用されている無駄な税金を、
是非とも教育に使用していっていただきたいです。国民の税金です。国民のために
使ってください。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070403-00000056-mai-soci

(引用Yhaoo!ニュース
スポンサーサイト
Copyright © ちょっと情報通 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。