FC2ブログ
公団住宅・新旧・国内外とわず私的観点から身近に感じた経済、教育、IT、等様々なニュースを関連情報も取り上げていきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公団住宅


公団住宅、福祉と一体化へ…

「団塊」高齢化視野


団塊の世代の高齢化を視野に入れ、大規模公団住宅などに高齢者が安心して住み続けられるよう、福祉と住宅を一体化させた取り組みをはじめる。
将来的な高齢化社会を考えると必要となっていくことでしょう。

 厚生労働省と国土交通省は、大規模公団住宅などに高齢者が安心して住み続けられるよう、福祉と住宅を一体化させた取り組みを始める方針を固めた。

 空き店舗や空き住宅を、高齢者の生活に欠かせない医療・介護の場として活用するほか、低層階への住民の住み替えも進める。

空き店舗、空き住宅を高齢者には欠かせない、医療や介護の場として活用、
ほかにも低層階への住み替えも進める。
医療・介護の充実を図っていくためにも、今後増えていくであろう、こういった地域のために
それなりの医師や介護する人の人員の確保も必要となっていくでしょうから、
一緒に考えていかなければならないでしょうね。

 両省は、今年度中にモデル事業を始動させ、団塊の世代の高齢化で介護ニーズも高まるとされる10年後を目標に、高齢者の街づくりを進めていきたい考えだ。

 構想によると、団地にある空き店舗や空き住宅に、認知症高齢者向けグループホーム、デイサービスや泊まり、訪問介護など様々なニーズに対応する小規模多機能型居宅介護事業所などの介護施設を誘致。

10年後を目標として高齢者の街づくりを進めていくようです。こういった街づくりは今後
更に必要とされていくのでしょうね。
構想は、団地の空き店舗、空き住宅に認知症高齢者向けグループホーム、デイサービス、
泊まりや訪問介護等様々なニーズに対応できる介護施設等を誘致。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070420-00000001-yom-pol

(引用Yahoo!ニュース
スポンサーサイト
Copyright © ちょっと情報通 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。