携帯電話・新旧・国内外とわず私的観点から身近に感じた経済、教育、IT、等様々なニュースを関連情報も取り上げていきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯電話


ソフトバンク、初の「転入超過」…

ドコモの不振鮮明に


携帯電話の番号持ち運び制度で、KDDIはずっと転入超過が続いていたが、
ソフトバンクとNTTドコモは転出超過だった。しかし4月の利用状況でソフトバンクモバイルは
他社からの転入が転出を上回り、転入超過となった。

 携帯電話大手3社が9日発表した4月の「番号持ち運び制度」の利用状況によると、ソフトバンクモバイルは他社からの契約者の「転入」が「転出」を4700件上回り、昨年10月の制度導入以来、わずかながら初の「転入超過」となった。

 KDDIも7か月連続で「転入超過」を確保したが、NTTドコモは今回も「転出超過」を抜け出せず、不振が鮮明になった。

NTTドコモだけが今回も転出超過となってしまった。
まあそれでもシェアはNTTドコモが一番多いわけですから、転出が多いのもしょうがないですが
昔は携帯電話というとドコモという感じだったのが、いい感じで競争している
ということでしょうか。

 
ソフトバンクの内訳は「転入」7万9600件、「転出」7万4900件。1月から月額基本料980円のプランを導入した効果などで、家族や友人同士の利用が増えたという。KDDIの純増数は8万4700件だった。

 一方、ドコモの転出超過は8万9400件に達した。2社に比べ、料金プランなどの魅力が乏しかったことも一因とみられ、音楽機能などを強化した新機種を投入し、巻き返しを図る考えだ。

ソフトバンクは色々料金で工夫をした結果ということでしょうか。
それにしても今携帯市場は飽和状態といわれ、狭い枠の中でしのぎを削っている感じですね。
独特の仕組みの問題もあり、時間はかかるでしょうが、改善していき、世界に向けて
市場を広げていって欲しいですね。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070509-00000013-yom-bus_all

(引用Yahoo!ニュース
スポンサーサイト
Copyright © ちょっと情報通 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。