FC2ブログ
住民税が引き上げられる。・新旧・国内外とわず私的観点から身近に感じた経済、教育、IT、等様々なニュースを関連情報も取り上げていきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住民税が引き上げられる。


6月1日から住民税上げ=

年収700万円で実質月3680円


以前この税金の話は聞いた気がする。今朝ニュースで見たが、住民税、いわゆる地方税が
6月1日から引き上げられる。

 約2786万に上るサラリーマン世帯のうち、そのほとんどで6月1日から個人住民税(地方税)が引き上げられる。政府は、国から地方に3兆円の税源を移譲するため、1月から所得税(国税)を減税する一方、6月納付分から住民税の税率を10%に一本化。

今朝のニュースで、1月から5月までは収入がちょっと増えて喜んでいたかもしれませんが
6月のお給料からは減ってしまうのでがっかりしないでくださいと。
これは1月から所得税、国税が減税され、ちょっとの間増えていただけで、
6月からは住民税が増税されるということ。
でもなぜお給料が減ってしまうのか。

これと合わせて同じ時期に、景気対策として導入された所得税・住民税の定率減税を全廃するため、サラリーマン世帯の税負担は増加する。
 総務省の試算によると、年収700万円の専業主婦と子供2人のサラリーマン世帯の場合、1月から所得税の負担が月額1万2880円から7160円に5720円減った。しかし、6月から住民税は1万5100円から2万4500円に9400円増える。住民税と所得税を差し引きすると、実質的に月額3680円の負担増となる。

お給料が減る理由は、所得税の減税の率より、住民税の引き上げ率のほうが高いため
結局負担が増えるという結果になる。
なんだか上手くだまされているような、結局国へ入る税金は増える仕組みになっている。
国は困るとあらゆる手を使って税金を上げていく。
この税金がしっかりと国民のために使われているのならだれも文句は言わない。
国の赤字を作ったツケを払わされているような気がしてならないのだ。
本当にしっかりとした用途に使用していただきたいものだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070531-00000122-jij-pol

(引用Yahoo!ニュース

スポンサーサイト
Copyright © ちょっと情報通 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。