FC2ブログ
花粉対策、人気商品・新旧・国内外とわず私的観点から身近に感じた経済、教育、IT、等様々なニュースを関連情報も取り上げていきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉対策、人気商品


花粉対策、

人気は保湿マスクやハーブティー


花粉症が心配な季節が近づいている。県内のスギ・ヒノキの花粉の飛散量は今のところ少ないが、環境省の予測では宇都宮市の飛散量は昨年の1・8倍にのぼる見通し。侮るべからず。県内では、保湿マスクやハーブティーなどの花粉症対策商品が売れ筋だという。(佐々木崇博)

 同省によると、宇都宮市のスギ・ヒノキの花粉総飛散量の予測は1平方センチあたり6649個で、前年のシーズンと比べて1・8倍、例年に比べて1・3倍になりそう。

個人的にもそうだが、そろそろ花粉が気になりだす季節になってきました。
もうすでに症状が出ている人も多いと思うが、
予測では今年は例年に比べ1.5倍とも多いところでは3倍とも言われている。
店頭には様々な花粉対策商品が並べられている。
売れ筋はやはりマスク、特に保湿マスク、ハーブティーなどが売れ筋らしい。

 しかし、今のところ花粉の飛散量は少ない。日本気象協会の気象情報サイトによると、26日までの花粉の飛散量は1平方センチ当たり10個未満の「少ない」。今後、飛散量が増えてくることが予想される。

 大手ドラッグストアの「カワチ薬品」(小山市)では、先月初めから花粉症対策グッズのコーナーを設置し、早々と商戦に参戦。今年は目玉として、医療用成分配合の目薬や点鼻薬、飲み薬などを販売しており、県内での売り上げは前年同期に比べて2、3倍に伸びているという。

 また、「ラパーク長崎屋」(宇都宮市)では、今年初めてレジ回りの目立つ場所に花粉症対策グッズのコーナーを設置した。同社によると、今月半ばまでの売り上げは、前年同期より若干伸びているという。約30種類の商品のうちマスクが売れ筋で、特にマスク内の湿気を逃さないタイプが人気だという。

 同社は「本格的なシーズンに入ったら、売り場面積を2倍にし、売り上げは前年比の120%を目指す」と鼻息が荒い。

 お茶の専門店「ワイズティー」(同)では、オリジナルハーブティー「花粉バスター」の販売を始めた。花粉対策によいとされる3種類のハーブをブレンドしたもので、すっきりした味わい。元製薬会社勤務のオーナー、根元泰昌さん(33)は「眠くなる心配がなく、カフェインもない。口コミで売れています」と話している。


今年は花粉が飛散し始める時期も早く、長い期間の花粉シーズンになりそうで、
しかもその量は多いといわれている。
今のところは、まだ本格的シーズンではないようで、量はまだまだ少ないようだが
今後飛散量は増えていくのでしょう。
個人的にも花粉の本格的シーズンに入る前に、マスク、目薬、点鼻薬は常備しておかないと
と思っている。
今年はどれほどになるのかいまから怖い。天気予報と違って予測が当たらないことを願いたい。


引用:Yahoo!ニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080221-00000043-san-l09

スポンサーサイト
Copyright © ちょっと情報通 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。